どんなに急いでいても戸締まりだけは必ず確認します

早いもので、あれからもう2年が経つけれど、そちらはどんな感じでしょうか。君のことだから、懐かしい人と一緒に楽しくやっているんでしょうね。
娘は5歳になりました。娘との二人暮らしは本当に大変ですが、同時に驚きと発見と喜びに満ちています。

実は先日「事件」があったので、ここで報告させていただきます。どうか怒らずに聞いてください。わたしの仕事がお休みで、その日は一日娘とのんびりしようと考えていました。朝は散歩に出かけて昼前には帰宅し、お弁当を二人で作りました。それをベランダで並んで食べたんです。花粉が凄いようですが、わたしも娘も幸い花粉症ではありません。君は今もくしゃみをしていそうですね。

そのベランダから例のゴミ集積場が見えるのですが、その日は燃えないゴミの回収日で、まさに収集車がきていました。ゴミ出しを忘れていたわたしは大急ぎで外へ飛び出し、なんとかゴミを出すことが出来たのですが、家に戻ってみると娘がいません。テレビでは女の子に人気のアニメが流れていました
最初はどこかに隠れているかと思いましたがどうも様子が変です。まさかと思いベランダへ出て下を覗き込みましたが、大丈夫でした。そしてそのとき、ゴミ集積場の向こうの道路を歩く娘を見たのです。
大急ぎで飛び出して、なんとか娘を捕まえました。聞けばわたしがゴミを出しにいったとき、「お母さんがみつかったよ」という女の子の声が聞こえたそうです。驚いた娘は、同時にわたしがあなたを見つけて外に飛び出したと思ったようで、後を追いかけたのでした。まだあなたが居ないことを理解できていませんからね。

どんなに急いでいても、戸締りだけは必ず確認しようと思いました。そして、あなたがいなくなったことの重大さを改めて知りました。
さて、先の「女の子の声」ですが、翌週のテレビでは大冒険の末に生き別れの母親に再開するという、女の子に人気の少女アニメが最終回を迎えていました。